良質音楽紹介


by Juniorsoul

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Cyndi Lauper "The Body Acoustic"

05年11月リリースの
シンディ・ローパーのアコースティック・セルフカバーアルバムです。
どうしても、もっともっと多くの人に聴いてもらいたく、
時間は経ってますが、紹介します。

デュエット形式のセルフカバーで、
Adam Lazzara
Shaggy
Sarah McLachlan
Jeff Beck
Vivian Green
Ani DeFranco
Puffy(From Japan)
・・・という,
という豪華な個性派メンツが集まっています!

中でも、Sarah McLachlanとの相性は抜群で、
Time After Timeの数あるカバーの中でも、
最高のバージョンとなっています。

ぜひ、彼女のファンはもちろんのこと、
色々な方に広く聴いてもらいたい一枚になっています!

b0066891_1423728.jpg

[PR]
by juniorsoul | 2006-12-31 01:42 | Pop

名取香り "This Time"


auのCMソングで流れている名取香りの新曲"This Time"!!
やっとブレイクか!・・・と思いきや、知名度が低いからか
あまり話題になってないのが残念・・・泣

彼女、ダンスミュージック系のポップスを歌わせたら
いま一番美味いし、洋楽テイストがどことなく漂わせている
ユニークな歌い手さんなので、ぜひとも売れて欲しいところ。

映画の主題歌でロック系に走ったときには「う~む・・・」という
印象だったけれど、デビューから一貫していたダンスミュージックを
ベースとしたポップスに快く戻ってきてくれて、
今回は懐かしのゆったりしたグランドビートをベースに、
伸びやか、華やかな歌声を聴けます。

今までで一番ポップスよりな曲かもしれません。

冬にはぴったりの一曲なので、ぜひともより多くの人に聴いていただきたいと
思います!

b0066891_22372943.jpg

[PR]
by juniorsoul | 2006-12-24 22:37 | Pop

Javier "Javier"

Javierと書いて「ハヴィエアー」と読みます。

昔で言うとテヴィン・キャンベルとか、Babyfaceとかあたりの
甘い歌声が魅力の歌手です。

このデビュー作の後にセカンドアルバムを出していますが
個人的にはデビュー作が最高の出来です。

まさに狙いはテヴィン・キャンベルなので、
キレイな高音を最大限活かして、切ないメロディ・歌詞を歌い上げるのですが、
テヴィンよりも張りがあり、どことなくStevie Wonderなんかも
比較させられるような、魅力的な声です。

ぜひ切ない系R&B、特に男性ヴォーカル好きにはオススメしたい一枚です。
b0066891_14325147.jpg
b0066891_14331081.jpg

[PR]
by juniorsoul | 2006-12-24 14:33 | Soul,R&B

James Blunt "Back To Bedlam"

今年Daniel PowterやJames Morrisonが大ヒットするきっかけとなった
最初のロングヒットアルバムとなったJames Bluntのデビュー作です。

2005年にロンドンィ遊びに行ったときから、しきりにMTVで流れていたのを
印象的に覚えていますが、まさか日本でここまで売れるとは思っても
いませんでした。

邦楽もそうだけれど、ちゃらちゃらした量産ポップスが一部の
アイドル系を除いて売れなくなってきて、大人の音楽が
徐々に人気を集めてきている状況に、やっと健全な状態に
なりつつあるのかな、と思っています。

Norah Jonesあたりから、CDショップなどでも、
こうした一見地味だけど、本当に音楽好きな人にこそ楽しめるアルバムの
紹介を大々的にするようにもなってるし、聴き手の意識も
徐々に変わりつつあるんでしょうか。

来年もこうした良質な音楽が続々と出てくることを願います。
b0066891_14245659.jpg

[PR]
by juniorsoul | 2006-12-24 14:25 | Rock

Texas "Red Book"

UKの人気バンド、テキサスの最新アルバムです。

前作がかなり前衛的なハウス~テクノ~ダブなんかをミックスした
ポップスで構成されており、UKでもいきなりの特化にファンが戸惑ったのか
売り上げが思わしくなかったですが、今回はヒットシングルも生まれ、
内容的にも昔の温かみのあるポップスに戻っており、
一安心。

Soul~R&Bを消化し、さらにUK独特のダンスミュージックのエッセンスを
取り入れたポップスは、深みのある大人の音楽になっています。

ヴォーカルのシャーリーンの声も個性的で、
1フレーズごとに新鮮な響きと温かみがあり、
色々な音楽を聴いて、最近良い音が見つからないな~なんて思っている
方にこそ、聴いてもらいたいアルバムです。
b0066891_1465100.jpg
b0066891_1462972.jpg
b0066891_1465065.jpg

[PR]
by juniorsoul | 2006-12-24 14:07 | Pop